FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ更新、久々すぎる・・。
ギブアップしたわけでもなく忘れていたわけでもなく
なんだかいろいろあってパソコンに向かう時間が
ここ数ヶ月なくなってしまってた・・
(ってやっぱり言い訳にしか聞こえないな・・)

大きな理由としては・・
義両親が我が家へ引越ししてきたこと(期間限定ってことなんだけど)。
時間的にも精神的にもこれまた経済的にも余裕がありませんで
パソコンに向かう時間が減っちゃって・・。


この話が徐々に持ち上がりだしたのはサンクスギビング直前で
義両親が数年前に購入した家を経済的困難のために
手放さないといけなくなったとのこと。

というか厳密に言えば
家の購入主も決まり、引渡し日も決まっているとのこと(!!)。

んでもって問題はここからで

彼ら(60代前後)には就労収入もないし、クレジット審査にも
引っかかるだろうから自力でどこかを賃貸することができない。
つまりこのままではホームレスになっちゃうって事。

ということで急遽、私たちと義兄弟夫婦とどうすべきか
話し合うことに。

経済的には我が家より義兄弟の方が余裕があるし
私は義家族としての関係が一番短いし
食生活(これは大きい)やその他習慣のことで
彼らとの同居は影響(ストレス)が誰よりも大きいのでは?ということで
始めは義兄弟たちが彼らを受け入れると言う話になった。

彼ら(義兄弟)の私に対する思いやりにはとても感謝したけれど
私だって一応家族の一員。
でも私の最も重視した点は住居スペースの問題。

義兄弟宅は子供も複数いるし家族の人数にしては
狭すぎる家に住んでいるし、論理的に考えて
そこに大人が二人加わるのがはっきり言って現実的じゃないと思った。
逆に我が家にはほとんど使用していない部屋が一部屋ある。

「精神的な居心地度」を考えたら
義両親と義兄弟家族は長い間、近所に住んでいたし
義姉妹と義母は共通項も多くて絆も深い。
文化的違いもないし。
だから義兄弟と同居したほうがいいのかなって思った。

でも彼らは去年から家を購入したくて家探しをしていたし
それに費やす時間も必要だし、子供たちがホームスクールを
しているので教育に対する時間も必要。
これらの問題って私だったらいくら親族と言えど
あまり関与してほしくない話題だし、手狭な住居スペースで
プライバシーも守れず、義両親との同居でそのような話し合いを
義兄弟夫婦がするのは至難な業でしょ・・と思った。

私のオットは私の複雑な気持ちをわかっていたし、
住居スペースの観点からいくと我が家に彼らが
くるのが至極当然なことだったけどその意見を
私に押し付けることはしなかった。
私には私の葛藤をわかってくれる人が必要だったから、
その点は本当に救われた。

結局、私はオットに以上の合理的な理由を述べて
結果、義両親は我が家へ来る事に。
で、義兄弟が家を購入した後に義両親は彼らの家に
移動するという話に。

当分、この件についての独り言、
愚痴をブログにつづっていくことになりそう・・。

この件で
自分って本当にまだまだ人間として未熟だなぁ・・と
またまた思い知らされた。





テーマ:アメリカ国際結婚
ジャンル:海外情報
コメント
お久しぶりです。
お久しぶりです~もうブログ辞めたのかと思っていました。

義両親が引越して来たんですねぇ~

ハンマチさんの考えもご主人がハンマチさんの気持ちを大事に
してくれたのも良い話ですねぇ~

私達の近況はというと旦那が中東から帰って来ました!
だけど、まだ自宅に戻れるのは来月です(涙)

家から片道10時間の所に居ます。時差を気にせずいつでも電話
で話せるだけでも幸せですが・・・早く家族一緒に過ごしたいです。

2009/03/08(Sun) 22:55 | URL | julina | 【編集
お久しぶりです。
julinaさん、

> お久しぶりです~もうブログ辞めたのかと思っていました。

お~、お久しぶりです。また遊びに来てくださったんですね~
ありがとうございます。
そうなんです、ブログやめたわけではなかったのですよ・・。

> 義両親が引越して来たんですねぇ~
> ハンマチさんの考えもご主人がハンマチさんの気持ちを大事に
> してくれたのも良い話ですねぇ~

なんだか突然の台風のようなでした、ここ数ヶ月・・。
オットがここにいておまけに私の意見に賛同してくれたのには
精神的に救われました。
これがなかったら日本に帰っちゃていたかも(苦笑)。
でも今回の件で義兄たちとの関係が疎くなっちゃったのが
一番悲しいです・・。
ま、もっと経済的に苦しくなっちゃったのも悲しい事ですが・・(汗)。

> 私達の近況はというと旦那が中東から帰って来ました!
> だけど、まだ自宅に戻れるのは来月です(涙)
> 家から片道10時間の所に居ます。時差を気にせずいつでも電話
> で話せるだけでも幸せですが・・・早く家族一緒に過ごしたいです。

ご主人もjulinaさんも頑張りましたね。
お疲れさまでした。
やはり家族一緒がいいですよね。ご主人の帰りが
本当に待ち遠しいですね。
私たちも予定外なのですが今年からまたちょこっと離れ離れの
生活に戻るようです。

2009/03/18(Wed) 23:23 | URL | ハンマチ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。