FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いきなりちょっとヘビーな話だけど
日本にいる私の兄弟は30歳にして同じ歳の奥さんを亡くし
男やもめになった。

彼女は産休をとっては仕事に復帰してで
いたって健康な人だったけど
二人目を出産しての3ヶ月後に原因不明の心不全で急死した。

当たり前だけど
誰もが思ってもいなかった突然すぎる訃報。
その時、私は既にアメリカに来ていて妊娠中。
オットはディプロイメント中。
私の兄弟と母親が出産前後にアメリカへ来る予定を
立てようと話していた矢先のことだった。

でも、義姉妹の死で私の妊娠出産なんかどころじゃなくなった。
特に私の母親が兄弟のところに生まれたばかりの乳児をまずは引き取り
育てるという話になったから、当然その数ヶ月後にアメリカに来る話なんて
もちろん白紙に。

私は彼らから電話でこの連絡を受け、妊娠中で単身の移動はリスクがゼロではないので
アメリカに留まるように言われた。
だから私は葬儀にも出なかったし、家族の側で手伝ったりすることも出来なかった。

兄弟始め家族や姪っ子たち、義家族が気の毒ではあった。
特に義姉妹のご両親にしてみたら、愛娘に先立たれるなんて。
それに母親を知らずにこれから育つ姪・・。

けれど私には利己的な気持ちもあって、
彼らは寄り添って力を合わせて悲しみを分けることが出来るけど
私は一人ぼっちじゃんよ・・・と卑屈にもなった。

この時期に子供を持つこと決めたのは自分たち夫婦だったし、
計画妊娠とはいえ、結果、オットが出産までに帰りが
間に合わなかったのは誰のせいでもないと思わないといけないし
彼女の死も誰のせいでもないはず。

母親を知らずにして育つ姪っ子にとって何の意義があるのか?
-将来、いい継母に会うため??
義理のご両親にとって愛娘に先立たれた意味は?
-忘れ形見の孫を育てることが出来ること?
オットが子どもの誕生の場にいなかった意味は?
ー私が母親として精神的に強くなるため?

人って自分を納得させる為に
理由や原因を見出したがると思うんだけれど
なんだかすべてこじつけっぽくて
これらの意図するところが私にはわからなかった。

あれから数年が経ち、
兄弟も自分の人生、家族にとって何がいいことなのか
模索し続けてmove onを始めていること、
私は出産時、すべてが理想のかたちではなかったけれど
頼りになる古い友人が近くにいてくれたことに感謝して
自分が恵まれていたと思うようにもなった。
精神的にも強くはなったと思う。
そういう意味では「これら」が「あの時期」に起こるべきだった理由は
あったのかもしれないって思う。

人生、思い通りすすまないことは頭では
わかってるけれど、心がそれをまだまだ受け入れられない。

その後皆、健康でそれは感謝すべきことだけれど
みんなそれぞれが抱える「しこり」や「傷」は
本当に時間が解決してくれるものなのかな・・って
いまだぼんやり思ったりしている。

過去をさくさくっとlet goしてネガティブに振り返ることなく
前だけ向いて歩いていけたらいいんだけどな。
↓ポチポチッとクリックしてもらえると嬉しいです












テーマ:アメリカ国際結婚
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。